1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法
朝刊シークレットタイムズ よくある質問 お客様の声 特定商取引法表示

画像にも必ずキーワードを入れてください。


あなたは、投資によって毎日のように

大切な資金を失っていませんか?


突然ですが、あなたは投資で勝てていますか?

裁量トレードで勝ち続けられますか?

チャートで株価の「上昇」「下落」が予測できますか?

資産は確実に殖えていますか?


「今までマニュアルを買って読んでも勝てなかったな!」

「裁量トレードで負けて、システムトレードでも負けた!」

「どうすれば、勝てるようになるんだろう?」

って声が聞こえてきそうです。

投資の世界には、勝ち組みがいることは想像できますか?

「負ける奴がいるということは、勝つ奴もいるってことだよな!」

おっしゃる通りですよね。私もそう思います^^;

裁量トレードで勝つのは難しいです。

個人投資家の95%以上が負けています。

では、こんな情報があったとしたら、勝てると思いませんか?

次のうち、あなたの知りたい情報のすべてにチェックをしてください。


 毎朝、オープン前にレンジを予測出来たら知りたい

 売買シグナルのサインを知りたい

 勝率を上げる方法を知りたい


「1日5分で勝つ方法があるのです!」

それは、

第一に、「1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法」を入手することです。

第二に、「朝刊シークレットタイムズ」の読者(会員)になることです。

それを読めば、

毎朝、予測される相場がわかります!

日経225先物の相場を左右する情報から売買シグナルを読み取れます!

分散投資型ユニットタイプのシステムトレードで勝率アップできます!

NYダウと日経225のことが理解できます!

CMEと日経225先物の関連性がよくわかります!

為替と日経225先物の関連性が良くわかります!

裁量トレードで勝てない理由がわかります!

単一のシステムトレードだけでは勝てない理由がわかります!

複数のシステムトレードで勝率が向上します!


投資は、裁量トレードでは勝てないことがわかります!

1つのシステムトレードでは勝てないことがわかります!

投資ですから、毎日勝ち続けられるわけではありません!


ノウハウの説明:目次の一部紹介

「1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法」は、購入者への特典サービス期間(1ヶ月)にモニター配信される「朝刊シークレットタイムズ」の内容を理解するための基礎的な知識と情報です。


●裁量トレードでは勝てない!

●個人投資家が負ける理由!


●ディーラーの仕掛け

●機関投資家の戦略!

●日経225先物の値動きを左右する要因

●日経225先物と為替の連動性

●日経225先物と現物の関係

●日経225とNYダウの連動性

●日経225先物とCMEの連動性

●日経225先物とSGXの連動性


●単一のシステムトレードの売買判定だけでは勝てない!

●ポートフォリオ型分散投資システムトレード




当会では、勝ち組の投資ビジネス研究所のスタッフが常時マーケットを監視し、情報分析をしております。売買情報分析の結果は、「朝刊シークレットタイムズ」で、あなたが取引をする上での判断材料となる極秘情報を掲載して提供しています。



1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法



推薦のお言葉を頂きました。




元大手証券先物ディーラーのT・H様より推薦のお言葉を頂きました!

ありがとうございます!

 わたしは、2004年夏、日本個人投資家支援協会から自動売買システムの取材を受けて以来、セミナーでも講師として招聘されたこともあります。その頃からの付き合いになります。

 わたしは元大手証券の先物ディーラーとしての経歴を持ちます。米国等では、早くから自動売買システムが個人投資家にも利用されるようになり、私はプログラム開発のリーダーとして、あるシステム開発会社でプログラマーとテクニカル分析のプログラミングについて日夜研究しており、富裕層向けにトレードシステムの開発にかかわっていました。

 日本個人投資家支援協会から、マニュアル執筆のための取材を受け、最近、出来上がったものを拝見させていただきました。
 本来なら、こんなマニュアルを発行されては、困ります。推薦どころか、クレームです。先物ディーラーの戦略や機関投資家の戦略など、ばらしてはいけませんよ。

 先物は、ゼロサムゲームです。負け組の個人投資家こそ、マーケットには必要不可欠の存在なのです。勝ち組の投資家は、彼ら個人投資家によって資産を何倍にもしていくのが本業であり、仕事なのですから。

 日本個人投資家支援協会の個人投資家を負けさせたくないという気持ちはわかりますが、このようなマニュアルは限定本としてプレミアム価格で販売にしてください。一部の個人投資家にしか読ませてはいけない発禁本です。

元大手証券会社 先物ディーラー T・H氏

編集長のプロフィール

わたしは、ビジネス系の情報誌やビジネスで成功した米国や日本の億万長者に取材した成功マニュアルなどを発行してきました。彼らがビジネスで稼いだ資産をさらに投資で殖やしていくのですが、富裕層ならではの知識や情報を得ており、その世界を取材するようになりました。今では、わたしも個人投資家として、その報告をセミナー等で語っております。

はじめまして。編集部のスタッフです。


 これから個人で投資を始めたいと考えておられる方。すでに投資を始めておられる方。あなたは勝ち組になれていますか?

 個人投資家のみなさん。多くの場合、負け組になっているのではないかと思います。わたしは、個人的に一番心配なのが、団塊の世代の資産管理であり、資産運用の問題です。

 団塊の世代が退職金を、投資につぎ込んで負け続け、資金を使い果たしていくのを黙って見てはいられません。団塊の世代について述べるのは、団塊の世代が退職金という大きな資金を手にしているからです。

 将来の蓄えにするべきお金ですから、資産形成を考えるのは当然ですが、投資の世界は厳しいのです。プロの投資家、機関投資家、投資顧問、彼らのリスクヘッジとして日経225先物取引は利用されています。

 わたしの場合、出版社に勤務、ビジネス、金融、投資等々の取材をしていましたから、その分野の専門家から、個人投資家が負ける理由について、意見を聞かせていただきました。それは、逆説的には、個人投資家が勝てるようになるためには、どのような方法があるのか、聞き出すためでした。

 わたしは、体験的なレポートを書き上げる必要性から、数年前より、裁量トレードにもエントリーしました。裁量トレードで、相場を観察しながら、ブレイクアウトした時にエントリーするトレンドフォロー型の順張りの投資スタイルで最初は、勝ち続けていました。
 そこから、オシレーター系テクニカルを使うようにもしました。ストキャスティクスを使って、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」の指標を捉えて、逆張りで移動平均線ならびにMACDの「ゴールデンクロスで買い」、「デッドクロスで売る」ようにしました。
 ところが、ゴールデンクロスになって、「買い」のエントリーをしても、下落し始めるのです!「デッドクロス」になって、「売り」のエントリーをしても、値動きが上昇し始めます。最初に使っていたテクニカル分析のチャートは、1分足でした。

 これは、今思えば、騙しです。

 その結果、連続で負け越しの損失額が大きくなりました。
わたしの預貯金を余裕資金として運用してみましたが、ロスカットの必要性を語られていた意味を自覚しました。

 その頃、システムトレードのことにも興味を抱き、その可能性を探るために開発者を訪問取材しました。そのプロジェクトのリーダーは、元大手証券会社出身の先物ディーラーでした。システムトレードのプログラム開発について、ロジックのことを簡単に教えてもらいました。

わたしは、システムトレードにチャレンジすることにしました。既成のソフトを購入しては、試しました。いくつものシステムトレードでモニタリングしました。

 売買シグナルが「買い」と表示するのですが、エントリーした結果は、「良くて50%でした。「買い」のシグナルの根拠は、NYダウの影響を受けること、その影響がCMEにもおよび、SGXにも連動していく可能性が高いのです。

 単独のシステムトレードだけでは、年間を通しての成績は、58%の利益率が最高でした。怖いのは、ドローダウンです。連続して大きく負け越す現象です。

 そこで、複数のシステムをカスタマイズしたり、自社開発して6WAYシステムを作動させ、成績を比較検討しました。それぞれのロジックは、VWAP、移動平均線の乖離率、NYダウ、CME等との連動性をプログラム開発に取り込んだソフトです。

 単一のシステムトレードの売買シグナルに全面的に依拠するのではなく、日経平均先物の価格変動を左右するNYダウ、CME、SGX、為替、その他のマーケットのこと、当日の経済指標を調べて、勝率を高めることを最重要課題として、運用しました。

 下記のシステムトレードは、その検証結果(手数料、税金を含まず)です。

 システムトレードの運用実績 (Fシステム) ロスカット無しの場合


ポートフォリオ型分散投資のためのユニット型システムトレード
Aシステム NYダウとの連動性をベースにデータ入力して判定。
Bシステム CMEとの連動性をベースにデータ入力して判定。
Cシステム NYダウ&CMEとの連動性をベースにデータ入力して判定。
Dシステム ドレンドフォロー型(テクニカル分析、移動平均の乖離率等、順張り)で判定。
Eシステム オシレーター型(テクニカル分析、ストキャスティクスの指標等、逆張り)で判定。
Fシステム 世界関連マーケットの変動率から判定。

6つのシステムにミニ各1枚でエントリー、
100万円の資金(実質の証拠金は約48万)でスタート、
1年間で387万円にしました。

現在は500万円を突破!!


ミニ各一枚で6wayシステムにエントリーした運用実績です。しかも、ロスカット一切無しの成績です。

ミニは各1枚、証拠金約8万円×6枚分=約48万円。

しかし、不足金が発生した場合に備え、余裕資金として倍額約100万円でスタート。
2007年度は、12か月(1年間)の運用で、月単位での負け越しはなく、38700円の差金決済による利益でした。
ミニですから、レバレッジ効果は100倍、実質は3,870,000円の利益でした。
証拠金48万円での運用成績は年率700%以上でした。

2008年度は、10月末までの運用で、4月に1回の負け越しがあり、20505円の差金決済による利益になっています。
ミニですから、レバレッジ効果は100倍、実質は2,050,500円の利益になっています。

※勝敗は、「買」と「売り」の取引に対して損益が出た場合を表示しています。
※「引き分け」は表示していません。また「見送り」も含みません。
※下記の計算には、手数料等は、含んでいません。



日経225先物ミニ 6wayシステムトレード成績表
ロスカット無しの場合
運用年度 A
B
C
D
E
F
勝ち 負け 損益
2007/1/1 13勝6敗 12勝6敗 6勝6敗 15勝4敗 9勝10敗 11勝8敗 7115 -3670 3445
2月 15勝4敗 15勝4敗 8勝4敗 15勝4敗 7勝12敗 13勝6敗 6795 -2920 3875
3月 14勝7敗 15勝4敗 9勝3敗 15勝6敗 8勝13敗 14勝7敗 8715 -4630 4085
4月 12勝7敗 9勝10敗 6勝5敗 16勝3敗 8勝11敗 12勝7敗 7375 -3945 3430
5月 16勝5敗 9勝9敗 8勝6敗 17勝4敗 13勝8敗 14勝7敗 5635 -3585 2050
6月 14勝7敗 8勝13敗 7勝5敗 19勝2敗 10勝11敗 14勝7敗 5790 -2565 3225
7月 10勝11敗 12勝7敗 9勝3敗 16勝5敗 14勝7敗 12勝9敗 5040 -1650 3390
8月 19勝4敗 13勝10敗 6勝8敗 18勝5敗 12勝11敗 15勝8敗 11985 -7080 4905
9月 14勝4敗 8勝7敗 4勝7敗 12勝6敗 5勝13敗 11勝7敗 6940 -5330 1610
10月 15勝7敗 11勝10敗 8勝6敗 15勝5敗 10勝12敗 14勝8敗 5880 -5100 780
11月 10勝11敗 9勝11敗 9勝5敗 16勝5敗 10勝11敗 13勝8敗 11765 -6405 5360
12月 6勝13敗 11勝6敗 6勝6敗 14勝5敗 10勝9敗 11勝8敗 8320 -5775 2545
2007年度の実績 38700
運用年度 A B C D E F 利益 損失 損益
2008/1/1 7勝12敗 10勝6敗 7勝5敗 16勝3敗 11勝8敗 12勝7敗 13430 -7795 5635
2月 8勝12敗 10勝8敗 6勝6敗 16勝4敗 11勝9敗 13勝7敗 7850 -5515 2335
3月 12勝8敗 5勝13敗 4勝6敗 18勝2敗 11勝9敗 15勝5敗 9605 -6720 2885
4月 11勝10敗 8勝12敗 6勝7敗 16勝5敗 9勝12敗 15勝6敗 4360 -5065 -705
5月 8勝11敗 6勝11敗 6勝6敗 11勝8敗 12勝7敗 11勝8敗 7630 -5275 2355
6月 14勝7敗 13勝8敗 8勝3敗 13勝8敗 14勝7敗 16勝5敗 5670 -3765 1905
7月 6勝14敗 8勝10敗 4勝9敗 16勝4敗 13勝7敗 12勝8敗 6545 -5925 620
8月 8勝10敗 9勝12敗 8勝4敗 17勝4敗 11勝10敗 10勝11敗 5460 -5230 230
9月 11勝8敗 13勝7敗 7勝4敗 11勝9敗 8勝12敗 13勝7敗 7155 -4210 2945
10月 12勝10敗 11勝11敗 6勝8敗 12勝10敗 16勝6敗 14勝8敗 18135 -15835 2300
2008年10月までの実績 20505
2007年1月からの累積 59205

上表の明細は、投資家向け情報をクリックしてご覧ください。




6つのシステムにラージ各1枚でエントリー、
1000万円の資金(実質の証拠金は約480万)でスタート、
1年間で3774万円にしました。
現在は5000万円を突破!!


ラージ各一枚で6wayシステムにエントリーした運用実績です。しかも、ロスカット一切無しの成績です。

ラージは各1枚、証拠金約80万円×6枚分=約480万円。

しかし、不足金が発生した場合に備え、余裕資金として倍額約1000万円でスタート。
2007年度は、12か月(1年間)の運用で、月単位での負け越しはなく、37740円の差金決済による利益でした。
ラージですから、レバレッジ効果は1000倍、実質は37,740,000円の利益でした。
証拠金480万円での運用成績は年率700%以上でした。

2008年度は、10月末までの運用で、4月に1回の負け越しがあり、21800円の差金決済による利益になっています。
ラージですから、レバレッジ効果は1000倍、実質は21,800,000円の利益になっています。

※勝敗は、「買」と「売り」の取引に対して損益が出た場合を表示しています。
※「引き分け」は表示していません。また「見送り」も含みません。
※下記の計算には、手数料等は、含んでいません。


日経225先物ミニ 6wayシステムトレード成績表
ロスカット無しの場合
運用年度 A
B
C
D
E
F
勝ち 負け 損益
2007/1/1 13勝6敗 12勝6敗 6勝6敗 15勝4敗 9勝10敗 11勝8敗 7115 -3670 3445
2月 15勝4敗 15勝4敗 8勝4敗 15勝4敗 7勝12敗 13勝6敗 6795 -2920 3875
3月 14勝7敗 15勝4敗 9勝3敗 15勝6敗 8勝13敗 14勝7敗 8715 -4630 4085
4月 12勝7敗 9勝10敗 6勝5敗 16勝3敗 8勝11敗 12勝7敗 7375 -3945 3430
5月 16勝5敗 9勝9敗 8勝6敗 17勝4敗 13勝8敗 14勝7敗 5635 -3585 2050
6月 14勝7敗 8勝13敗 7勝5敗 19勝2敗 10勝11敗 14勝7敗 5790 -2565 3225
7月 10勝11敗 12勝7敗 9勝3敗 16勝5敗 14勝7敗 12勝9敗 5040 -1650 3390
8月 19勝4敗 13勝10敗 6勝8敗 18勝5敗 12勝11敗 15勝8敗 11985 -7080 4905
9月 14勝4敗 8勝7敗 4勝7敗 12勝6敗 5勝13敗 11勝7敗 6940 -5330 1610
10月 15勝7敗 11勝10敗 8勝6敗 15勝5敗 10勝12敗 14勝8敗 5880 -5100 780
11月 10勝11敗 9勝11敗 9勝5敗 16勝5敗 10勝11敗 13勝8敗 11765 -6405 5360
12月 6勝13敗 11勝6敗 6勝6敗 14勝5敗 10勝9敗 11勝8敗 8320 -5775 2545
2007年度の実績 38700
運用年度 A B C D E F 利益 損失 損益
2008/1/1 7勝12敗 10勝6敗 7勝5敗 16勝3敗 11勝8敗 12勝7敗 13430 -7795 5635
2月 8勝12敗 10勝8敗 6勝6敗 16勝4敗 11勝9敗 13勝7敗 7850 -5515 2335
3月 12勝8敗 5勝13敗 4勝6敗 18勝2敗 11勝9敗 15勝5敗 9605 -6720 2885
4月 11勝10敗 8勝12敗 6勝7敗 16勝5敗 9勝12敗 15勝6敗 4360 -5065 -705
5月 8勝11敗 6勝11敗 6勝6敗 11勝8敗 12勝7敗 11勝8敗 7630 -5275 2355
6月 14勝7敗 13勝8敗 8勝3敗 13勝8敗 14勝7敗 16勝5敗 5670 -3765 1905
7月 6勝14敗 8勝10敗 4勝9敗 16勝4敗 13勝7敗 12勝8敗 6545 -5925 620
8月 8勝10敗 9勝12敗 8勝4敗 17勝4敗 11勝10敗 10勝11敗 5460 -5230 230
9月 11勝8敗 13勝7敗 7勝4敗 11勝9敗 8勝12敗 13勝7敗 7155 -4210 2945
10月 12勝10敗 11勝11敗 6勝8敗 12勝10敗 16勝6敗 14勝8敗 18340 -14980 3360
2008年10月までの実績 21800
2007年1月からの累積 59540

上表の明細は、投資家向け情報をクリックしてご覧ください。




上記の売買シグナルを毎朝メルマガで配信しているのが「朝刊シークレットタイムズ」ですが、その根拠などをマニュアル化したものが「1日5分で勝ち組の投資家になる方法」です。
 その内容は、「朝刊シークレットタイムズ」を受け取るための知識と情報を得ることを目的とします。購入者には、会員だけに提供されている「朝刊シークレットタイムズ」を、特典として1ヶ月間無料配信いたします。

 「朝刊シークレットタイムズ」には、ポートフォリオ型分散投資のためのユニット型システムトレードの売買シグナルのサインが掲載されており、その他の売買情報分析を見て、エントリーする際に、貴重な参考資料となるでしょう。

 また、その日に予想される相場(上値と下値)が掲載されてあり、21日(1ヶ月間の)ボラティリティ(平均値)によるロスカットの基準も掲載しています。




ダウンロード版

100セット販売後は25,800円、200セット販売後は29,800円になります。

 




限定100セットのみ!



銀行振込みをご利用の場合


クレジットをご利用の場合



100セットに達し次第、順次値上げ致しますので予めご了承ください。




 印刷版・宅配便
100セット販売後は28,800円、200セット販売後は33,800円になります。




限定100セットのみ!

100セットに達し次第、順次値上げ致しますので予めご了承ください。

銀行振込みをご利用の場合



クレジットをご利用の場合



100セットに達し次第、順次値上げ致しますので予めご了承ください。




日経225先物の過去4年間の上値幅&下値幅のわかる一覧表

ポートフォリオ型分散投資ユニットタイプ・システムトレード成績表 

「朝刊シークレットタイムズ」を1ヶ月分のモニター(無料)配信


質問1:このノウハウは本当に29,800円の価値があるのですか?
編集部:ズバリ来ましたね(笑)
これまで、いろいろな情報商材が販売されてきていますが、チャートを使ったテクニックを論じたものが多く、それで勝ち組の投資家になれたでしょうか?
編集部で、このマニュアルを発行することにしたのは、それだけではマーケットの動きが読み取れないことから、情報分析に重きを置きました。ファンドマネージャー、ディーラーなどの専門家に取材して、時間も経費もかかっており、プレミアムな価値があると思います。

質問2:初心者の私でも勝ち組になれますか?
編集部:このマニュアルを読まれると、勝ち組になる法則が理解できると思います。一般の個人投資家は、市場をコントロールするような資金を持っていません。市場をコントロールすることができるのは、外国人投資家、機関投資家などの大口だけです。
このマニュアルでは、「買い」が入ってくる根拠、「売り」が入ってくる根拠について、また投機マネーの流れが、概ね解明されています。その流れが読めれば、売買のポイントも、ある程度はわかるようになるのではないでしょうか?

質問3:返金保証はありますか?
編集部:申し訳ございませんが、返金保証はございません。返金目的でのひやかし等で購入する方がいるからです。情報は中身が見れないので不安だと思います。
当社にとっても信用問題ですから、マニュアルの作成には専門家の協力もいただき、これまでにない一級品の最重要資料となっています。

質問4:1日5分で、勝ち組になれるのですか?
編集部:世界の主要なマーケットの関連情報を収集する時間は、手間もかかります。そこで編集部では「朝刊シークレットタイムズ」に、それらの情報収集と売買シグナルを掲載して配信しています。会員になれば、これを参照することで、5分で売買の判断材料を認識し、注文することができるでしょう。
勝ち組というのは、投資の世界の動向をキャッチすることで、勝率が高まることを意味しています。
ただし、当情報が、将来の利益を保証するものではありません。

質問5:売買シグナルの判定どおりに注文すれば必ず儲かりますか?
編集部:売買シグナルの結果からは、勝率からも利益率は実証されています。しかし、これは過去のものですから、将来の利益を保証するものではありません。 その意味で、当情報に全面的に依拠して投資判断を下すことは、ご遠慮ください。投資に関するご決定は、自己責任でご判断のうえ、お願い致します。投資に関しては、自己責任で売買判断をしてください。

質問6:システムトレードで負け続けましたが?
編集部:通常のシステムトレードのロジックでは、勝率は良くても約58%くらいです。ドローダウンも経験することで、不信感をもたれているのでしょうか?
1つのシステムだけでは、継続して安定的には良い成績は上げられないでしょう。ですから、当社では、複数のシステムを使います。それだけでなく、この勝率を上げるためには、ロジックに加味されていない情報の分析が必要です。「朝刊シームレットタイムズ」には、それらの記事が掲載されていますので、参考になると思われます。

質問7:マニュアルを読めば、売買シグナルがわかるのですか?
編集部:マニュアルには、「朝刊シークレットタイムズ」を読み解くための基本的な知識と情報が掲載されています。売買シグナルは、「朝刊シークレットタイムズ」を購読すれば、当社の複数のシステムトレードで出力した売買サインが掲載されています。





購入者様の実際のご意見です。

――――――――――――――――――――――――――――
日本個人投資家協会 様

 「1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法」を購入しましたK・Mと申します。

いっきに読ませてもらいました。

 このノウハウは、マーケットの参加者を取り上げ、大口の機関投資家やディーラーの仕掛けなどを詳しく紹介しています。
 これで個人投資家が負ける理由もわかりました。

 プロの機関投資家やディーラーが、「買い」や「売り」のオーダーを出す根拠も、多角的に分析しており、
「勝ち組になるための売買の法則は、ほかのマーケットが、日経225先物の上昇や下落に影響していることもあり、
それらもチェックしておく必要があるというのは、勉強になりました。

 ただ、実際、それらを調べるとなると、時間もかかりますので、
「朝刊シークレットタイムズ」の読者になって、大事な売買の判断材料とか、売買情報分析が、すぐにわかるので助かります。
もちろん、これがわかるためには、それだけの基礎知識が必要です。
「1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法」は、そのためのマニュアルとしてお薦めです。

 配信メールを見て、売買の判断をし、証券会社に注文するだけのこと、
後は、ロスカットを入れて後場の大引け前に確認、決済処理をすればよいだけなので楽です。

                                       K・M 様

―――――――――――――――――――――――――――――――
日本個人投資家支援協会 御中

 この内容でこの価格は安いと思います。
どの項目も丁寧に、分かりやすく解説していて個人投資家に損をさせたくないという、貴会の気持ちがよく伝わってきました。

 特に衝撃的だったのは、最強のポートフォリオ型のリスク分散の思想ですね。

 単一のシステムトレードでは、ドローダウンに遭遇した場合、アウトですが、
ロジックの異なる複数のシステムトレードで売買シグナルを掲載することで、
勝率を高めるために、他の条件も含めて、総合的に売買判断ができることです。
こんな方法もあるんだ〜って感じで、とても参考になりました。これから何度も読み返して、知識を習得したいと思っています。

                                       S・C様

―――――――――――――――――――――――――――――――
日本個人投資家支援協会 御中

 はじめまして!
 
 先日、商材を購入させていただいたF・Mと言います。
昨日の深夜の購入だったのですが、とにかく一気に読んでしまいました。

 わたしは、システムトレーダーです。最初に購入したのは、他社のシステムでした。
9日乖離率をベースにしたロジックで、日経225先物の4本値を入力していくタイプでしたが、勝率は良くありませんでした。
 その後、いろいろなシステムのソフトを購入しては、使用してみましたが、勝率は悪く、継続して使う気にはなれませんでした。

 システムトレードの場合、ストップロスオーダーも考えものです。
ラージ1枚で1枚でエントリーしていましたが、
システムトレードによってはロスカット値が190円とか、230円とか、300円というものもあります。

 これは逆指値でロスカットして損失拡大を防止すると同時に、値動きが反転した場合、逆転満塁ホームランが狙えないからです。

 でも、外れた場合、190円のストップオーダーにヒットしたら、レバレッジが1000倍なので、19万円の損失です。

 サラリーマンのわたしには、痛すぎる出費です。
「1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法」は、投資のバイブルです。
その知識と情報があれば、貴社の発行する「朝刊シークレットタイムズ」の配信を受ければ、
売買情報分析がすぐにできて、オーダーできるというものですね。

 これの読者になって、良かったのは、ポートフォリオ型分散投資というユニット型のトレードと、
エントリーシステム、そしてロスカット値のわかることです。

 リスク分散を考えたら、結局、単一のシステムトレードに大金をつぎ込むことは賢明ではありません。
投資ですから連続して負けることもあり、
時間的にトータルで利益が蓄積されるという考え方は、いつも負け続けると揺らいでいました。

 そこで、わたしはラージではなく、ミニで投資することにしました。
リスク分散投資のユニット型トレードでは、自分が勝率の傾向として、
読めるエントレリーシステムを使い、トータルで利益が蓄積されるようにという考えで、
リスク分散もできますので、気持ちが楽になりました。

                                          F・M 様

―――――――――――――――――――――――――――――――
日本個人投資家支援協会 様

わたしは、「朝刊シークレットタイムズ」を読んで、その日のシステムうトレードにエントリーしています。
わたしは、ポートフォリオ型のユニットタイプのシステムトレードは、リスク分散ができるので、しかも勝率も良いので満足しています。
ここには、6つのロジックからなる売買すぐなるが掲載されていますが、
わたしは、過去の勝率の良いシステムを選抜して4タイプ使うようにしています。

4WAYシステムにミニ各一枚で、多角的な運用をしています。

Aシステムの売買シグナル「買い」
Bシステムの売買シグナル「買い」
Cシステムの売買シグナル「売り」
Dシステムの売買シグナル「買い」

とかあるのですが、これだけでは説得力が不十分なので
最新の為替等のデータも参照しています。

メルマガでは、相場を予想分析していて、
予想レンジが掲載され、上値と下値という価格の変動幅がわかるので、
それを参考にしながら、21ボラティリティの50%〜90%をロスカット値として、ストップ・ロ・オーダーをしています。
勝率も良くなってきたし、ロスカットの幅も必要最小限の損失で済みます。

実際の勝率も、マニュアルに掲載されていた運用実績のように優れています。
わたしは、これで資産形成に精進します。本当に期待以上です。

                                                                                    S・G 様

―――――――――――――――――――――――――――――――
日本個人投資家支援協会 様

わたしは、裁量トレーダーでした。
わたしは、退職金で投資を始めました。そうです。私は、団塊の世代です
40年も働きづくめで手にした退職金、これを株式投資にトライして失敗し、
信用取引でも失敗、そして日経225先物取引。いや、勝てません。

チャートは、書籍で勉強しました。証券会社主催のセミナーにも参加しました。
でも、チャートで正確な予測はできません。
5日と25日の移動平均線のゴールデンクロス、
MACDのゴールデンクロスを確認して、「買い」にエントリーしたら、まさかの反落。
デットクロスで「売り」にエントリーしたら、しばらくもみ合って急騰。
「なんなんだ」と茫然自失。運にも見放されたかと自信喪失。

それから、人間の感情をコントロールできなければ、
相場は読めないと思って、裁量トレードから撤退しました。
他社のシステムトレードに興味を持つようになり、
これからはシステムトレーダーで行こう、という決意のもと、
早速購入して利用しましたが、ドローダウンに見舞われ、散々な思いをしました。

貴社のマニュアルを読み、システムトレードの問題点も指摘されているので、
勉強になりました。飛行機も片肺飛行では墜落します。

Aシステム「買い」、Bシステム「売り」と判断が割れた時、両建てでオーダーすることになります。

どちらかが負けても、どちらかが勝つわけですから、基本的には、利益も出なければ、損も出そうにありません。
しかし、基本的には、利益と損失が相殺されるだけのようですが、価格変動によって差額が発生します。
ロスカットによる損失と、大引け成行きの決済による利益確定の差額です。

「朝刊シークレットタイムズ」では、相場の上値、下値が予測されているので、
21ボラティリティの50%〜90%あたりにロスカットのオーダー(逆指値)を入れておきます。
注意しなければならないのは、このときに損失の拡大を恐れて、ロスカット値を狭めると、
両建ての場合、どちらもヒットして、損失を倍々にしてしまうことがあることです。
ですから、ロスカット値は、余裕が必要と思います。

これによって、リスクも縮小できますし、リターンも期待できます。

                                                                                     Y・M 様
―――――――――――――――――――――――――――――――
日本個人投資家支援協会 様

マニュアルを購入して、すぐに読破しました。2回、3回と読み返すにつれ、
内容がとても理解できるようになりました。
わたしは、口座開設をして、モニター配信されてきた「朝刊シークレットタイムズ」を読んでは、
売買分析情報を見て、毎朝8時50分過ぎには、オーダーしています。
9時のオープンですぐにエントリーしてポジションを持っています。

複数のユニット型トレードシステムを採用しているので、
もしも、資金的に余裕がない場合、
売買シグナルのサインが多く発生している方がポジションテイクしても無難かと思います。

でも、ラージが無理なら、ミニで分散した方がいいですね。
                                     O・R 様

                                        

―――――――――――――――――――――――――――――――
日本個人投資家支援協会 様

 Aシステム、Bシステム、Cシステム、Dシステム、Eシステム、Fシステムとあり、分散投資になるので、
リスクヘッジされているのがいいです。結果的に、それぞれのシステムで売買シグナルのサインが異なるわけです。

 ですから、その日によっては、両建てということで、最初は戸惑いました。

 両建ての場合、同一商品、同一限月の売建玉と買建玉を同時期に保有することですから。

 たとえば、「買い」の読みが外れた場合でも、「売り」を同値で保有していますから、
相場の変動による損失の拡大を防ぐことができますし、一方が負けても、他方は勝つわけですから、
ロスカット値にヒットしない限り、有効な戦略でした。

 両建ては、一見すると、利益と損失が相殺されるので、無意味なように思われますが、さや取りができます。
つまり、損失側にはロスカットで対応し、利益側には大引けで対応するわけですから、
相場が強い時などは、利益-ロスカット値=差額で利益確定が出来ます。

 片張りで大きく儲けるつもりが、大きく損をすることの多い投資の世界では、
両張りは、さや取りで稼ぐようなものですね。相殺分があるので、
ハイリターンとはいかなくても、ミドルリターン、ローリターンは期待できます。
なによりローリスクになるのがいいですね。

                                     H・K 様

―――――――――――――――――――――――――――――――

いかがですか?

彼らも、負け組でした。このマニュアルを手にするまでは。

でも勇気を振り絞って、第1歩を踏み出しました。

一緒に人生を明るく変えてみませんか?




ダウンロード版

100セット販売後は25,800円、200セット販売後は29,800円になります。

 




限定100セットのみ!



銀行振込みをご利用の場合


クレジットをご利用の場合



100セットに達し次第、順次値上げ致しますので予めご了承ください。




 印刷版・宅配便
100セット販売後は28,800円、200セット販売後は33,800円になります。




限定100セットのみ!


銀行振込みをご利用の場合



クレジットをご利用の場合



100セットに達し次第、順次値上げ致しますので予めご了承ください。



あなたも単一のシステムトレードの危険性を認識し、

資産形成の夢が現実するため、ポートフォリオ型のリスク分散投資に目覚めて、

ユニット型トレードのエントリーシステムを参考にされるといかがでしょう。

最後までご覧下さり、ほんとうにありがとうございました。


                                       編集部  

編集長の紹介

勝ち組の投資ビジネス研究所の代表、本業は出版にかかわり、長く、ビジネスの成功者や投資で資産家になった億万長者を取材してきました。

それらの知識や情報を出版したり、セミナー等でも語り、自分でも体現しようと自身も個人投資家として、株式投資、信用取引、日経225先物等の投資の世界にチャレンジしてきました。

また、それらの知識や情報を当社主催のセミナー等でも語ってきましたが、とくに投資に関しては、団塊の世代が、貯蓄から投資へ資産運用を試みながら、失敗している現実に遭遇し、個人投資家を支援していくための日本個人投資家支援協会を設立しました。

そして、個人投資家向けの情報サービスをメルマガで提供しています。

当社は、出版社であり、投資顧問ではありません。
2005年12月14日、新田恵利さん(元おにゃん子クラブのメインボーカル)が某雑誌の企画で取材で、勝ち組のt投資ビジネス研究所(個人投資家支援協会)を訪問されました。


当情報は、情報提供を目的としたものであり、投資勧誘を目的ではありません。当情報に全面的に依拠して投資判断を下すことは、ご遠慮ください。投資に関するご決定は、自己責任でご判断のうえ、お願い致します。

               有限会社ピーアイピー出版





販売業者 有限会社ピーアイピー出版
代表取締役 宮田 実
運営統括責任者名 高山 巌
郵便番号 194-0021
住所 東京都町田市中町3-23-18
商品代金以外の料金の説明 銀行振込み手数料はお客様がご負担下さい。
申込有効期限 商品により掲載サイト内にて、有効期限を表示することがあります。
不良品 商品に不備があった場合は、商品到着後10日以内にご連絡ください。
商品の破損、その他当店の不手際により不備が発生した場合は、当店にて送料を負担し、至急お取り替えいたします。
販売数量 商品の数量を限定して販売することがあります。各商品ページで十分ご確認ください。
引渡し時期 クレジットまたは銀行振り込みで入金が確認されましたら、ダウンロード先の通知メールをお送りします。
お支払い方法 先払い(銀行振込)
ダウンロード版につきましては送料は発生いたしません。
お支払い期限 先払い(銀行振込)の場合は、ご注文後、当方より「ご注文受付完了メール」をお送りしますので、メールでお知らせする各口座へ1週間以内にお振込ください。
返品期限 情報商品という性質上、お客様のご都合による返品は致しかねますので予めご了承下さい。
返品送料 商品の破損、その他当店の不手際により不備が発生した場合は、当店にて送料を負担いたします。お客様のご都合による返品につきましては、送料はご負担下さい。
組織運営団体名 勝ち組の投資ビジネス研究所/日本個人投資家支援協会
当社は、出版社であり、投資顧問業ではないため、投資助言など、投資に関しての個人的なアドバイスは一切いたしておりません。
電話番号
FAX番号
042-729-2750
042-729-2390
(※お電話でのご注文・ご質問は対応しておりません。メールにてお問合せください)
公開メールアドレス mail:pip@fi.boy.jp 
※@全角になっています。@半角が正しいです。
ホームページアドレス http://pip.boy.jp/index.html
PC活用WEBサーチ 相互リンクのLiftoff〜アクセスアップのお手伝い〜 SEO対策・ページランク対策に総合検索エンジン<サーチの小部屋> 住まいのネット建築系リンク集 相互リンクサイト ふじみ野ナビ | 埼玉県ふじみ野市・富士見市のエリアガイド v掫瓶fr2rvr2 SEOrdrbr221 ナイトレディー検索情報 外断熱工法と断熱材 MEGAQ STATION みんなのブックマーク! くるくる検索
1日5分で勝ち組の個人投資家になる方法
Copyright (C) 2006  http://pip.boy.jp/index.html. All Rights Reserved.

Powered by 日本個人投資家支援協会