億万長者になるための人生設計‥‥‥Power Information Presents (あなたのパワーになりたい! 生活支援共済会)
最強のシステムトレードは、ポートフォリオ型リスク分散投資というユニットタイプ・トレードのエントリーシステムにあります。「朝刊シークレットタイムズ」では、この最強システムの売買シグナルや、関連マーケット情報を掲載した情報マガジンを配信しています。
億万長者の教えに学ぶ 資産運用 お金持ちの本棚 特定商取引法の表記 お問い合わせ
あなたには、資産形成のスキルがありますか?









無料メルマガ購読者募集
■バビロンの大富豪が語った人生設計
バビロンは、メソポタミア地方の古代都市。市域はバグダードの南方約90kmの地点にユーフラテス川をまたいで広がっていました。

古代に繁栄を極めた黄金の都市バビロン。
戦車職人のバンシアには大きな悩みがありました。
それは、「朝から晩まで働いてるのに、ちっとも金が残らない」という悩みでした。
バンシアは、同じように悩んでいた楽士コッビと、どうすべきなのかを話し合いました。
その結果、二人は、いいことを思いつきました。
それは、二人の幼なじみで、今はバビロン一の大富豪になっているアルカドを訪ねて教わろうということでした。
つまり、アルカドから、お金持ちになる秘訣を聞き出そうということになったのです。
アルカドは昔からの友人に語ります。
「きみたちが若い頃からこれまでの間に、ぎりぎり生活できる以上の金を手にしていなかったとすれば、それはきみたちが、”富を増やす法則”を学ぶことを怠ったか、学んでもそれを守らなかったか、そのどちらかなんだよ。」
そしてアルカドは、まだ貧しかった時代、大富豪のアルガミシュから伝授されたお金もちになる秘密を語り始めたのです。


「黄金の七つの知恵」
原文からすると「貧乏な人のための7つの救済策」

第一の知恵→財布を太らせることから始めよう
第二の知恵→自分の欲求と必要経費とを混同するべからず
第三の知恵→貯めた資金は寝かさずに増やすべし
第四の知恵→損失という災難から貴重な財産を死守すべし
第五の知恵→自分の住まいを持つことは、有益な投資と心得よ
第六の知恵→将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかるべし
第七の知恵→明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動すべし


解説
第一の知恵の意味は「稼いだお金の一部は、残しておく」ということです。
 財布を太らせることから始める。つまり、財布に10枚のコインを入れたなら、使うのは9枚まででやめておく。(稼いだ報酬の一割以上は、投資のため残しておく必要を説いたものです)


第ニの知恵の意味は「汝の支出を管理する」というものです。
 十分に支出に見合ったお金すら稼いでいないのに、一割を残しておくというのは困難であると思ってはいけないのです。自分の欲求と費用経費とを混同してはならないのです。「必要経費=自分の欲求」ではないのです。
 自己管理が出来ない限り、必要経費は必ず収入と同じ金額まで膨れ上がってしまうものです。必要なものは9割の支出の中で賄えるように支出を抑えることです。 これが、キャッシュフロー(現金収支)の基本ですね。


第三の知恵の意味は「お金を増やす」というものです。
 貯めた資金は寝かさずに増やすこと。お金を財布の中にたえず流れ込み、いつも中身を膨らませてくれる「金の流れ」をつくることが、本当の財布の役目であり、これは投資によって利益が得られるように仕向けることです。


第四の知恵の意味は「汝の財産を損失から守る」というものです。
 損失という災難から貴重な財産を死守することが大切ですね。投資でも最悪、元本は確保することです。このことは、金を操り利益を生むことに経験を積んだ知恵のある人に相談するべきであるということです。


第五の知恵の意味は「汝の住居をもつことは、有益な投資になる」というものです。
 自分の住まいを持つことで、生活コストは大きく下がり、仕事で稼ぐ金のうち、娯楽やその他の欲求に使える額が増えるということです。ここは、家賃が不要になるという考えですが、今の日本では、住宅ローンと賃貸で支払う金額を比較する必要がありそうです。
 賢明なる投資家は、自分が住むためだけの住居を購入するのではなく、家賃収入が得られる物件を購入するということで、ローン返済や、収入の増益を図るべきでしょう。


第六の知恵の意味は「将来の収入を保証する」ということです。
 将来の保障を確実にすべく、今から資金準備に取りかかることを言っています。早ければ、早いほど貯蓄する期間があり、有利になります。年老いたときのための資金や、たとえ自分が今死んでも家族が快適な生活を続けられるような資金を準備しておくことが重要です。

第七の知恵の意味は「稼ぐ能力を高めておく」ということです。
 明確な目的に向かって、自己の能力と技量を高め、よく学び、自尊心を持って行動するという意味ですね。自尊心を持つということです。たとえば、自分の支払い能力を高めることです。逆説的ですが、収益を高めるには、普通に得られる労働収入だけではなく、資産収入を得るための資産を持つことも重要です。今の時代、堅実な勤め人ならば、毎月一定の収入は確保できますから、少なければ副業も加えて、資金を作るべきですね。頭金が20%以下でも不動産ローンは組めます。アパート経営とかも考えられます。


■ロバート・キヨサキが語った億万長者になるための人生設計
ロバート・キヨサキ氏の著書「金持ち父さん貧乏父さん」は、世界で2000万部も売れたので、皆さんも読んでおられると思います。
そこで、重要なのは、4つの収入源を4つのクワドラントに分けての説明でした。クワドラント「円を四分割したもの」と言う意味ですが、4つのグループとみてもいいでしょう。

Eクワドラントは、労働者です。会社員など、会社に雇用されている存在です。今日の雇用状況は、厳しさを増しているといえます。

Sクワドラントは、自営業者、個人事業主などです。独立している立場でも、経済的な収入の流れは、自分に依存しているわけです。ドロップシッピングやアフィリエイトでも、インターネット上に、ネットビジネスの販売システムを構築すれば、これに近いものがあるかも知れませんね。

Bクワドラントは、ビジネスオーナーです。会社経営者、組織やネットワークを動かして収入を得ています。このような立場にあるオーナーは、自身が病気でお休みしていても、雇用している人々によって会社が営業していれば、収入は確保されるのです。
ネットワークビジネスでは人脈を構築することで、販売グループを形成し、個人事業主でも、ビジネスオーナーとしてシステム化された販売組織を持つことになります。

Iクワドラントは、投資家。自分の資産を運用して収入を得ているわけです。権利収入で利益を得ている作家や、アパート経営者、マンション経営オーナーなどです。

そこで、Eクワドラントでありながらも、Sクワドラントにチャレンジする、またはIクワドラントにチャレンジすることで、お金持ちになることが可能となり、道が開けてくるというものでした。

国税庁の調査では、1億円以上の納税者の所得は、その20%がビジネスから得られた人々、80%が投資から得られた人々だったという結果がでています。
■億万長者になるための人生設計
今は、とても厳しい社会になってきています。
どう厳しいかというと、“格差が広がっている”のです。
年収200万円以下の人達と、年収1000万円の人達との差が、
さらに拡大しているのです。
サラリーマンであれば、手取りで20万を超えるには、
かなりの時間がかかります。

あなたの上司を見てください。
その生活レベルは、裕福でしょうか?
あなたが望む生活レベルにあるでしょうか?
あなたの5年後、10年後の姿が想像できます!

実は、今日は20代〜30代の若さで億万長者になる人が急速に増えています。
彼らが、どのような方法で「億」の資産を築いているかというと・・・
投資の世界で、勝ち組になっているのです。

最初は、50万円からスタートした人もいます。

投資の世界は、株式投資家ら、信用取引、先物取引とありますが、
正直、これらのマーケットに参加した個人投資家のほとんどが、
90%以上の参加者が負け組となり、数か月で撤退を余儀なくされているのです。

失敗の一番の原因は、リスク管理ができていないことです。
投資は、余裕資金で、リスク管理しなくてはなりません。
そして、勝ち組の法則を学ばなくてはなりません。

その秘密を知った者には、勝利の女神がほほ笑むことでしょう。

これが、現在の世界での“億万長者”になる方法です!

その
秘密りたくないですか?

MEGAQ STATION  みんなのブックマーク!  くるくる検索
© 2004, PIP, Inc. All Rights Reserved.